top of page
Happy String Ensemble
                    since 2018

2018年8月「アラ還の挑戦待つ」と中日新聞に取り上げられ、「誰もが愉しめるバイオリンアンサンブル」をコンセプトに結成

人生100年時代、昭和に生まれ育ち、平成では仕事や子育てに駆けてきた私たち、令和の時代は何をすべきか・・・?

今「終活」という言葉が叫ばれる私たちの世代の社会問題に対して、私たち世代が「終わった人」としてではなく、「はじまる人」「かがやく人」として、輝く大人プラチナエイジが共に愉しめる企画、それがHappy String Ensemble 【HSE】である。

2021年にはメンバーは48名に達し、2023年7月現在メンバーは56名、HSE48 として名古屋・岐阜・大垣で活動を拡げている。

自粛で疎遠になりがちな私たちの心の絆をバイオリンが取り持っている。

 

HSE48オリジナルソング

「プラチナのように」

作詞・作曲 辻昌宏

​器楽合奏版【カラオケ】

経済情報誌「時局」2022年12月号に掲載されました

bottom of page